カテゴリーのアーカイブ: 映画・ドラマ・ブック

グ・クルッ・パッ

 

3年A組 皆さんは今から人質です

というドラマは絶対に見た方がいいですよ。

前にも言いましたが、

学校教育に使ったら良いのに!!

って思えるくらいでした。

 

数週間前、私の知り合いのちょっとした有名人が不祥事を起こしてしまいました。

Yahooニュースでこの不祥事が取り扱われると、何百ものコメントがアップされました。

見るに堪えない誹謗中傷。

やったことは悪いとしても、全人格・全人生を否定する悪意あるコメント。

 

どうしてこんな事を書くのかなぁ~

 

って

 

3年A組の柊先生ならこう言ううでしょうね。

相手に何をしたら傷付くのか、何をされたら痛むのか、お前たちには、それに気付かない感情が麻痺した大人には、なってほしくなかった。想像力を働かせて、自分の言葉や、行動に責任を持つ。決断をする前に、踏みとどまって、これが本当に正しいのかを、問い正す。そんな誰もがわかっているのに出来ていない。考えることの大切さを、みんなには、伝えたかった。

AKB時代の川栄李奈さんは知らないけど、女優になってからの川栄李奈さんはとてもいい演技しますよね。

 

川栄李奈のTwitterより

To Me

 

1ヶ月ほど前だったか、車運転中にラジオから流れてきた

Queen のボヘミアンラプソディー

Queen ファンでもない私でも知ってる何度も聴いたことがある曲です。

でもその時何となく聴きながら

訳せるかな?

って思い音を聴くのではなく、歌詞をじっくりと聞いてみました。

すると、

えっ???

 

“ ママ人を殺してしまった ”

“ 彼の頭に銃を突き付けて ”

 

って言ったよね???

殺人の歌???

 

1970年代

私が中高の頃、

私は吉田拓郎とビートルズの音楽ばかり聴いていました。

ディープ・パープル、レッド・ツェッペリン、ブラック・サバスといったハードロックには全く興味がありませんでした。

でもそんな中で、クイーンだけは違って私の耳には聞えてきていました。

かと言って少ないお小遣いをはたいてまでクイーンのアルバムを買おうとは思いませんでした。

 

Killer Queen

We are the champions

Bohemian Rhapsody

クイーンファンでなくても誰もが知っているそして聞いたことがある名曲ですよね。

 

We Will Rock You

は、どの年代の人でもそして音楽好きでなくても一度は聞いたことがある曲ですねぇ。

 

あれから40年

その間に何度も何度も聴いたことがあるボヘミアンラプソディー

歌詞を訳そうなんて思った事もなかったのに・・・

車のラジオをから聞こえてくるボヘミアンラプソディーを、私の英語力では10分の一ぐらいしか訳せませんでしたが、

それでも歌詞の内容に衝撃を受けました。

 

訳さなければよかった・・・・って

後悔です。

何に後悔したかというと、

40年前初めて聴いた時、なぜ歌詞を訳さなかったんだろう・・・って

もし訳していたら私の感性はもっと変わっていたかもしれないって

 

Mama,just killed a man,
Put a gun against his head,
Pulled my trigger,now hes dead,
Mama,life had just begun,
But now I’ve gone and thrown it all away
Mama ooo,
Didn’t mean to make you cry
If I’m not back again this time tomorrow
Carry on,carry on,as if nothing [...]

もう一度基本から

 

『知ってる!知ってる!』

『何度も聞いてる!!』

『この前と同じやんか!!!』

『どこも同じやなぁ~』

 

いつもいつも基本を言われると

イラぁ~

ってきますよね。

 

歯磨き指導はその最たるものかもしれません。

では知ってるけど

『出来てますか?』

『やってますか?』

と言われると

?????

となる人が多いのでは・・・

 

歯周病検査をし前回、前々回と比較して、さらにその方の生活習慣を考慮しながら衛生士は指導を行っています。

同じことを何度も何度も言ってるように思えるかもしれませんが、

お渡ししている指導文書をよく見ていただくとその都度の違いが見えてくるかもしれません。

 

『前回指摘してもらったところを今回は褒めてもらおうと頑張って歯磨きしました。(^’^)』

なんて言われると担当衛生士は嬉しいものです。

歯磨きって基本が大事です。

でも基本が面倒なんですよねぇ。

分かりますよ、でも歯科医師・歯科衛生士は

“その気持ちわかります”

で終わってしまうわけにはいかないので・・・・

 

昨夜妻とテレビを見てると

ゼロトレ

というトレーニングを特集していました。

何故か妻は興味津々、

私はというと、

知ってる!

やってる!!

今更それ!!!

ってずっと文句ばっかりテレビに言ってました。

 

でもずっと見ていると、

 

知ってるけども出来てないなぁ~

最近さぼってるなぁ~

ちょっとやり方間違ってたなぁ~

 

って文句ばっかり言ってた自分が恥ずかしくなりました。

番組後半から真面目に見だした私に妻が、

「この本持ってるよ。読んでみる?』

って(^-^;

 

基本をバカにしてると痛い目に合うって知ってるのに基本って続けるは難しいですねぇ。

今朝からこの本真剣に読んでいます。(*^^)v

坐骨神経痛が治ればいいんだけどなぁ~

オリーブがやってきた

 

漫画ポパイではなく、雑誌ポパイが創刊されたのが1976年

丁度私が大学入学した年。

アメリカの現代的生活様式を日本に紹介した今までにはない雑誌でした。

私も毎月これが出るのを楽しみにしていました。

 

1980年には雑誌ブルータスが創刊。

都市で生活し、時にはアウトドア・ライフをも楽しむ大人の男の雑誌を志向しており、

創刊号には「男が海に出る この行為に理屈は必要ない」、

「男の化粧品には匂いなど必要ない」、

「日曜の朝はゆっくり起きシャンパン・ブランチを楽しむ」、

「パーティにはタキシードを着て出掛けたい」などの記事が掲載されていました。

今考えたら恥ずかしくなるような内容ですが、大学4年生の私にはあこがれを感じさせてくれる雑誌で、ポパイを買わずにブルータスを買うようになったのを覚えています。

 

1982年には、ポパイの姉妹雑誌としてオリーブが創刊。

Magazine for Romantic Girls のキャッチコピーを掲げ、「リセエンヌ」(lycéenne 仏:lycéeの女子学生)などのライフスタイルを提示、中高生を含む、ティーン向けの文化をキャッチおよび発信する雑誌でした。

何となく本屋で立ち読みしながら、

こんな女の子とつきあってみたいなぁ~

なんて思ったものでした。

 

私の学生時代は雑誌全盛期。

今のようにネットがない時代ですから、情報を手に入れる方法はすべてこのような雑誌からでした。

次の特集はなんだろうか?

って考えるだけでワクワクし、次の発売日をまだか、まだかと待ちわびたものでした。

 

あれから40年の歳月が流れ私の家にオリーブがやってきました。(*^^)v

 

ここに植える木はどうしてか枯れてしまいます。

なので今回は隣の木と根が喧嘩しないように鉢植えにしてみました。

雑誌オリーブは廃刊となってしまいましたが、このオリーブはいつまでも元気で我が家のメインツリーになって欲しいです。!(^^)!

記憶の定着

 

記憶力が落ちたなぁ~

ってある年齢になってから独り言のようにブツブツと・・・

 

そもそも私は人より記憶力が優れていたのだろうか?

って考えてみると、

学生の頃、同級生より記憶力が劣っていると嘆いていたのを思い出しました。( ^^) _U~~

そういう記憶さえ忘れているんですからねぇ。(^’^)

 

で、私がした学生時代の勉強方法は、記憶しては忘れ、記憶しては忘れを何度も何度も繰り返していくという方法。

私の場合だいたい6~7回繰り返すと記憶は定着してきました。

さらに繰り返すと、記憶した事を自由に引き出せるようになりました。

 

先週末セミナーの帰りの新幹線でふと見たYouTube動画。

わずか数日で英単語3,000語を覚える方法???

こんな方法で覚えられるの???

って(*_*)

でもこの方法一理あるなぁ!!

やってみよ!!

 

早速新幹線の中で英単語帳をアマゾンで注文。

英単語帳は何でもいいのですが考えるのもめんどくさいので動画で紹介されていた単語帳を注文しました。

 

勉強方法は・・・

マークシートで訳を隠しながら、1単語2秒しか掛けずにどんどん読みながら進めていく、

1日に300語を3回繰り返す。

ただこれだけの事をやっていくだけ。

そんな馬鹿なぁ???

・・・って思うのはやって出来なかった時に言う言葉かな?

どれくらいでこの一冊の単語が私の脳に定着できるのか、それとも途中で挫折してしまうのか??

楽しみです。(^_-)