悲しいソファ

 

10年前に院長室を改装した時このソファが似合う院長室にしたいと思い,

何ヶ月も掛けて壁紙、床材、デスクに書棚等を選びました。



 

ル・コルビジェデザインのソファ。

著作権が切れたからか???ネット上では多くのインテリア関係のお店がこのデザインのソファを販売していました。



 

最近ではテレビの番組でも、

町中のサロンでもよく見かけますよね。

ネット上で出回る多くの中から

ここがいいなぁ

って決めたお店。

合皮の方が丈夫で長持ちし手入れも簡単との事でそのお店で購入しました。

とても気に入っていました。(^○^)

 

でも・・・・・

5年くらいしてから座面の型崩れが出始め、

4年くらい前からは表面が毛羽立ち、

3年くらい前からボロボロと破けてくるように(-_-;)

今では誰かに見られると恥ずかしいくらいボロボロで、座ると衣服に黒いカスが付いてしまいます。



 

ほぼ私しか使用しませんので、一日10数分使うかどうかの使用頻度。

それでこれはないよなぁ~

ってとてもショックでした。

あまりにも粗悪な商品に怒りというより、

悲しさ

でいっぱいでしたねぇ。( ;∀;)