To Me

 

1ヶ月ほど前だったか、車運転中にラジオから流れてきた

Queen のボヘミアンラプソディー

Queen ファンでもない私でも知ってる何度も聴いたことがある曲です。

でもその時何となく聴きながら

訳せるかな?

って思い音を聴くのではなく、歌詞をじっくりと聞いてみました。

すると、

えっ???

 

“ ママ人を殺してしまった ”

“ 彼の頭に銃を突き付けて ”

 

って言ったよね???

殺人の歌???

 

1970年代

私が中高の頃、

私は吉田拓郎とビートルズの音楽ばかり聴いていました。

ディープ・パープル、レッド・ツェッペリン、ブラック・サバスといったハードロックには全く興味がありませんでした。

でもそんな中で、クイーンだけは違って私の耳には聞えてきていました。

かと言って少ないお小遣いをはたいてまでクイーンのアルバムを買おうとは思いませんでした。

 

Killer Queen

We are the champions

Bohemian Rhapsody

クイーンファンでなくても誰もが知っているそして聞いたことがある名曲ですよね。

 

We Will Rock You

は、どの年代の人でもそして音楽好きでなくても一度は聞いたことがある曲ですねぇ。

 

あれから40年

その間に何度も何度も聴いたことがあるボヘミアンラプソディー

歌詞を訳そうなんて思った事もなかったのに・・・

車のラジオをから聞こえてくるボヘミアンラプソディーを、私の英語力では10分の一ぐらいしか訳せませんでしたが、

それでも歌詞の内容に衝撃を受けました。

 

訳さなければよかった・・・・って

後悔です。

何に後悔したかというと、

40年前初めて聴いた時、なぜ歌詞を訳さなかったんだろう・・・って

もし訳していたら私の感性はもっと変わっていたかもしれないって

 

Mama,just killed a man,
Put a gun against his head,
Pulled my trigger,now hes dead,
Mama,life had just begun,
But now I’ve gone and thrown it all away
Mama ooo,
Didn’t mean to make you cry
If I’m not back again this time tomorrow
Carry on,carry on,as if nothing really matters



 

当時、いろんな音が重なったボヘミアンラプソディーを生で歌う事が出来なかったため、

ビデオを作成し音楽番組で流したそうです。

40年前映像をコンピューター処理が出来なかった時代にこのビデオは作られました。

これがミュージックビデオの始まりとなったそうです。

 

今さら・・・って言われるかもしれませんが(^-^;

Queenファンの方ごめんなさい。

( ↓ こちらがオフィシャルビデオです。)