予防歯科

ブラッシング指導
ブラッシング指導 毎日朝・昼・晩ときちんと歯磨きをしていても「磨いている」と「磨けている」では大きな差があります。歯の表面はもちろん、歯と歯の間、奥歯の裏や噛み合せ面はきちんと磨けていますか?ブラッシングをしていても虫歯が絶えないという方は、是非一度歯ブラシの選び方やブラッシングの指導を受けることをお勧めします。

また歯ブラシでは磨きにくい歯間も、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使って効果的なプラークコントロールをしましょう。歯磨き後にはデンタルリンスやデンタルコンディショナーなどを使用すると更に効果的な虫歯・歯周病予防ができます。

歯周病検査
歯周病検査歯周病治療は、腫れ・出血・痛みなどの歯周病の症状がある場合は、まず症状を抑えるための処置をしますが、そうでなければ、最初に歯周検査をしてその後の治療計画を立てることから始めます。

炎症を起こしている部位や汚れの付着しやすい箇所など口の中の状態を知ることで、その後の治療やプラークコントロールをより効率の良い効果的なものになるからです。

定期検診
リコールハガキ3~6ヵ月ごとの定期検診で、歯と歯周の健康を守ります。
最新の高周波治療器を用いての歯周病予防
PMTC
P・・プロによる
M・・機械的な
T・・歯の
C・・クリーニング
プロ(歯科衛生士)による歯石除去と機械を使用しての歯のクリーニングで輝く歯を・・・




虫歯・歯周病・口臭予防剤及び各種歯ブラシ
コンクール・ジェルコートF(歯磨き剤)◆コンクール・ジェルコートF(歯磨き剤)
●歯垢・歯石の原因除去に効果的なポリリン酸ナトリウム配合
●むし歯予防に効果的なフッ化ナトリウム、キシリトール配合
●歯周病予防に効果的な塩酸クロルヘキシジン,βグリチルレチン酸配合

line コンクールF(デンタルリンス)◆コンクールF(デンタルリンス)
●歯周病予防及び口臭予防効果のあるグルコン酸クロルヘキシジンと
グリチルチン酸モノアンモニウム配合

line 乳酸菌LS1・クリッシュ◆乳酸菌LS1・クリッシュ
(使用方法は一日三回お口の中で溶かすだけ)
●歯周病が原因のニオイのもとを、お口の中の細菌のバランスを整えることで消してくれる。

line ◆各種歯ブラシ
各種歯ブラシ