入れ歯治療について

義歯が合わなくて痛い・ガタついて安定しない・満足に噛めない・食事がおいしく食べられないなど、患者様一人ひとりのお悩みにお応えするするため、様々な種類の義歯をご用意しております。合わない義歯を使用していると顎の筋肉が弱り、骨にも悪影響を与えるなど悪循環が続きます。

それだけではなく、顎の変型は体全体の骨格に影響を及ぼし、肩こりや頭痛などの原因となってしまうこともあります。まずは、歯の状態やお悩みを詳しくお伝えください。患者様に合う快適な義歯がきっと見つかるはずです。

しっかりと噛める「快適な入れ歯」を保険診療でご提供

当院では保険診療でも可能な限り機能・品質にこだわった入れ歯を提供しています。保険の入れ歯と聞くと「使いづらい」「しっかり噛めない」とお考えの患者様も多いかもしれません。しかし、検査と型取り・メインテナンスの継続などの治療ステップを一つずつ丁寧に進めれば、保険診療内でも快適な入れ歯が作製可能です。
生活習慣や経年劣化により入れ歯の使い心地は変わってきます。そこで重要になってくるのは、一人ひとりの患者様の将来を考えて、調整を含めた設計・治療の提案をすることだと考えています。

入れ歯の種類

部分入れ歯

歯が残っている場合、部分入れ歯を作製いたします。残っている歯にクラスプと呼ばれる金属のバネを引っかけることで装着できます。

総入れ歯

歯が全く残っていない場合、総入れ歯を作製いたします。総入れ歯には違和感や不快感、さらには外れやすい・落ちやすいというイメージがありますが、当院の総入れ歯はできるだけその点を補った総入れ歯の作製を心がけています。但し、日常的なケアや定期的なメンテナンスが必要です。

保険適用外の入れ歯

ノンクラスプデンチャー

特殊なナイロン製の素材でできている義歯です。金属を使用していないため、見た目も気にならずに会話やお食事が楽しめます。義歯自体が軽いので、しっかりした着け心地で快適です。

コバルトクロムプレート

保険入れ歯の3分の1の薄さで、熱の伝わりも良く快適な状態で永くお使いいただくことができる入れ歯です。良いものを永く使いたいという方にお薦めです。

シリコンデンチャー(コンフォートデンチャー)

硬い入れ歯の裏面を生体用シリコンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。
生体用シリコンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

入れ歯治療のメリット・デメリットについて

メリット
  • 比較的短い治療時間
  • 外科手術が必要
  • 様々な症例に対応可能
デメリット
  • 食べかすが詰まりやすい
  • 硬いものを噛むのが難しい
  • 定期的なメインテナンスが必要

料金

全て税抜き価格です。

ノンクラスプデンチャー(1~2歯欠損) 62,000円
ノンクラスプデンチャー(3歯欠損) 80,000円
ノンクラスプデンチャー(4歯欠損) 100,000円
ノンクラスプデンチャー(5歯欠損) 110,000円
ノンクラスプデンチャー(6歯欠損) 120,000円
ノンクラスプデンチャー(7歯欠損) 130,000円
ノンクラスプデンチャー(8歯欠損) 140,000円
コバルトクロムプレート 200,000円
シリコンデンチャー(コンフォートデンチャー) 180,000円